デジタル時代の今だからこそ「真空管アンプ」が面白い!

真空管アンプ

PCオーディオ&ポータブルオーディオで真空管が流行っている理由

今、PCオーディオやポータブルオーディオの世界では、真空管がちょっとしたブームとなっています。しかも、デスクに置いてもじゃまにならないコンパクトなサイズを実現するなど、これまでのピュアオーディオ機器とは異なる、まったく新しいコンセプトの製品が次々と登場してきております。

「何でいまさら真空管!?」と思う人がいるかもしれない。
確かに、最新のデジタルオーディオとアナクロな真空管の組み合わせは、ちぐはぐに感じられるかもしれない。しかし、ユニークなことに、真空管ならではのメリットや特性が、デジタルオーディオとやたら相性がよく、思わぬ実力を発揮してくれる傾向があるのだ。もちろん、注目ポイントとしては真空管=オーディオ製品という、わかりやすい図式があるのも確か。しかしながら、一般的なオーディオ製品に対して、多少のエクストラコストのかかる真空管オーディオ製品が“あえて”選ばれているのは、見栄えだけではなく、音質的な魅力を持ち合わせているから。

真空管の役割と特徴

さて、それではまず、真空管の役割について話そう。オーディオ機器の場合、真空管は主に音声信号の増幅(実際には電圧や電流の増幅)に活用されている。現在だと、トランジスタ(実際にはトランジスタ機能を内蔵する内蔵するIC)などが主流だ。そんな時代にもかかわらず、いまだに真空管を使ったオーディオ機器が根強い人気を保っているのは、実は真空管の発生する増幅歪みが、人にとって聴きやすいというか、不快感を与えにくい傾向を持つからだ。絶対的な性能よりも、音質的な良好さを優先し、音色的な心地よさまでも配慮されるオーディオ機器だからこそ、真空管が重宝されているのは確かだ。
次に、真空管を活用する場所について紹介しよう。わかりやすくするためかなり大雑把な話になるが、真空管はアンプの「入力段(または前段)」「出力段(または後段)」と呼ばれる2つのパートに配置されている(ことがほとんど)。入力段は、増幅量が少ないためクオリティが重視され、出力段は、スピーカーを動かす部分のためパワーが重視される傾向にある。真空管は増幅量が少ないため、出力段に使用するとかなり大がかりなシステムとなってしまうため、今回紹介するようなコンパクトサイズの製品は、大半が入力段に真空管を使い、出力段はパワーICなどを利用するハイブリッドタイプとなっている。それでも十分によさが発揮できるというのも、真空管の興味深いところだ。
最後にもうひとつ、真空管には「交換できる」という楽しみがある。もともと真空管はICに比べて寿命が短く、具体的には白熱電球と同じくらい、といわれているが、逆にいえば交換するのが前提であるため、型番さえ合えば、いろいろなメーカーの真空管を試すことができるのだ。しかも、ビンテージと呼ばれる旧い製造の真空管が流行っていることからもわかるとおり、メーカーによって音が変化する傾向もある。メーカーのよしあしはあえていわないが、こういった部品を交換する楽しみも、真空管アンプならではのメリットといえるだろう(ポータブル系は交換できないタイプが多いのが残念)。
ちなみに、真空管はある程度暖まらないとその実力を発揮しきれない傾向がある。そのため、電源を入れてから3分以上、できれば10分くらいはアイドリングが必要だ。試聴時には、そういった気遣いも重要となってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る