ラックスマン、真空管アンプの90周年限定モデル – プリ「CL-38uL」とパワー「MQ-88uL」

CL-38uL_skew

ラックスマンは創業90周年を記念した限定モデルの真空管プリアンプ「CL-38uL」と真空管パワーアンプ「MQ-88uL」を7月より発売する。価格は「CL-38uL」が43万円、「MQ-88uL」が47万円(いずれも税抜)。

真空管アンプ
CL-38uL
真空管アンプ
MQ-88uL

両モデルともに創業90周年を記念して、「90台限定」で生産される。2011年の発売以降、現在もラインナップされている真空管プリアンプ「CL-38u」と真空管パワーアンプ「MQ-88u」をベースに、外観デザインや部品の信頼製、そして音色をブラッシュアップした“スペシャルエディション”となる。

■CL-38uLはカリモク製木箱を採用。回路パーツもカスタマイズ。

真空管プリアンプ「CL-38uL」は、「CL-38u」をベースに外観デザイン、および回路パーツをカスタマイズしたモデル。老舗国産家具メーカー「カリモク家具」とのコラボレーションによる、ウォールナット突板材にローズウッド色の光沢仕上げを施した専用の『ロ』の字型木箱ケースを採用したことが特徴。合わせて筐体のアルミパネル部を淡いシャンペンゴールド仕上げに変更している。

オーディオ回路については、ミニチュア管をスロバキアJJ製の高信頼管(ECC803S、ECC802S)に変更。長期使用における回路の安定動作性を向上させた。また、回路間を接続するカップリングコンデンサーに同社が独自開発したオイルコンデンサーを採用することで、艷やかでなめらかな音色を実現したという。

真空管アンプ
CL-38uLの背面端子部

基本的なオーディオ性能はCL-38uから踏襲。フォノアンプ、トーンコントロール、フラットアンプのすべてに低インピーダンス伝送を実現するSRPP(Shunt Regulated Push Pull)構成を採用する。また、アナログレコード再生用として、左右/2段階ゲイン毎独立のMCトランス4基を搭載。さらにアナログレコードの反りによるウーファーのふらつきを抑えるローカット・スイッチや、モノラル再生時に便利なモノラル・スイッチを装備するなど、レコード再生のための機能を充実させている。

細かな音質調節が可能なターンオーバー周波数3段階切替のLUX方式トーンコントロール機能を装備。電源部には低漏洩磁束のトロイダル電源トランスとチョーク一体型シールドケースを用い、高S/Nの信号伝送環境を実現している。筐体には外来ノイズに強い全方位シールド型金属シャーシ構造を採用。信号切替部は、耐久性に優れたオーディオ専用リレーによる高信頼設計とした。

入力はライン4系統、フォノ1系統。出力はライン2系統を搭載。録音入出力も1系統搭載する。

アルミ製小型リモコンと、OFC極太線ノンツイスト構造のラックスマン純正電源ケーブル「JPA-10000」が付属。消費電力は30W、外形寸法は402W×169H×307Dmm、質量は13.5kg。

■デザインと回路パーツを特別仕様としたMQ-88uL

真空管パワーアンプ「MQ-88uL」は、筐体のアルミパネル部を淡いシャンペンゴールド仕上げに変更。

ミニチュア管をスロバキアJJ製の高信頼管(ECC803S、ECC802S)に変更したことによる回路の安定動作性の向上、独自オイルコンデンサー採用によって音質を向上させた点はCL-38uLと同様だ。

基本性能はやはりMQ-88uから継承。定格出力は25W+25Wの定格出力(6Ω負荷時)、20W+20W(4Ω、8Ω)となる。出力管には力強く厚みのある音色に定評がありスロバキアJJ社製「KT88」を選別しプッシュプル構成で採用。初段アンプをパラレル化し、高S/N・低インピーダンス伝送でドライバー段に直結接続している。またムラード型回路(ドライバー段)および3極管接続を採用する。

真空管アンプ
MQ-88uLの背面端子部

電源部にはオリジナル形状で復刻したアルミ・ダイキャストケース入りOY15型出力トランスを採用。粘り強い音質を実現するEIタイプの大容量電源トランスと、安定したパワー供給を実現する大型オリジナル・ブロックコンデンサーを搭載している。

入力はダイレクト1系統、バリアブル1系統となる。スピーカー端子は1系統を搭載。網型のボンネットカバーが標準で付属。OFC極太線ノンツイスト構造の純正電源ケーブル「JPA-10000」も付属する。

消費電力は280W(無信号時150W)、外形寸法は440W×184H×230Dmm、質量は15.8kg。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る