現代の真空管と分析装置の高度化

第20回真空管オーディオ・フェア

こんばんわ 真空管アンプ情報館です。

真空管ってなんとなくきれいだなぁと思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんな、現代の真空管には非常に様々な技術が密集しています。

その一つが、金属とガラスの結合です。

金属とガラスは実は、まったく違った膨張率でございまして、単純に引っ付けただけではどうしてもガラスの部分にひびが入ってしまうようです。
これは、ガラスと金属が結果的に接合していないのと同じですね。

ガラス結合のパイオニア 鬼塚硝子は、ガラスとどんな素材でも引っ付けることができます。

この技術は、真空処理を行う測定機器ぼ技術に応用されたりと、実は様々な分野で活用されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る