真空管アンプとは

真空管アンプ

真空管アンプとは、真空管を使用して増幅回路(アンプ)を組み、スピーカを駆動する装置のことです。では、そもそもアンプとはなんでしょうか。 アンプは、レコードやCDなどの音源から出た音の信号をスピーカーから鳴らすための回路です。 では、なぜそのような回路が必要なのでしょうか。レコードプレーヤーやCDデッキから直接スピーカーに繋いではだめなのでしょうか。レコードプレーヤーやCDデッキなどの音の信号は非常に小さく、直接スピーカーから音を流すことができません。どれくらい小さいかと言うと、イヤホンが鳴らせる程度なので、部屋中に響く音を出すことは出来ないのです。そこで、その小さな信号をスピーカーで鳴らせるように増幅する回路がパワーアンプというわけです。ミニコンポやCDラジカセなどは、全てがひとつになっている(オールインワン)のでわかりづらいですね。真空管のあと、トランジスタが発明され、さらにICが・・・というように、技術はどんどん進歩していきます。当然のことながら、作る側としては、性能(スペック)をよりよくしようと努めるので、特性を表す数値はどんどん良くなっていきます。遂にはデジタルアンプも 登場して、今では一般にも広まりつつあります。これらのアンプの中にはIC(半導体)が使われています。こちらの方が大量生産も可能なので価格も比較的リーズナブルになります。

デジタル全盛の現在において、なぜ真空管かと思われる方も多いかと思います。確かに真空管は日米欧では過去の技術といっていいでしょう。しかし、東欧やロシア、中国では今も生産が続いており、オーディオの世界では有る分野を確立しています。真空管とトランジスターを電子工学的に比較すればすぐに優劣はついてしまうでしょう。しかし、人間の耳というものは不思議なものです。超LSIやデジタル技術の粋を凝らした最新のアンプより昔ながらの真空管アンプの方が良い音がするという人が多いのも事実です。これは聞く音楽の分野に大きく関係するため何とも言えませんが、人の声やアコースティックな楽器には真空管アンプは合っています。音をよく知っている楽器の演奏家は、真空管アンプを所有し、よく聴いているそうです。また、意外かもしれませんがエレキギターのアンプはほとんど真空管を使用しています。ライブなどでエレキギターの演奏を聞いたことが有る方であれば、真空管アンプで再生されたエレキギターの音はびっくりするほど生々しく感じると思います。最近のデジタルソースの再生には真空管アンプのアナログ感が非常にマッチして、刺々しさがなくなり非常に耳に優しくなると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る