真空管ポータブルヘッドフォンアンプ「Go-Dap TT」

真空管ポータブルヘッドフォンアンプ「Go-Dap TT」

こんにちわ。真空管アンプ情報館です。

ベンチャークラフトから、iPhoneなどに対応した、真空管ポータブルヘッドフォンアンプ「GO-Dap TT」が発売されました。

同社のポータブルアンプ「GO-Dap」のフラッグシップモデル。真空管を搭載し、豊かで厚みのある音を実現しながら、最新の半導体技術を融合させ、真空管アンプの欠点であるマイクロフォニックノイズを排除するという。

価格の割には、優れた商品となっております。

2013年に発売した同型番のGO-Dap TTから真空管を変更したほか、ボディカラーをグレーに変更。また、価格も1万円以上低価格化し、ユーザーの懐にも優しい商品です。

真空管はソケット化した「Sylvania/PhilipsECG611 MT管」を搭載しており、交換も容易とし、入力端子はUSBとUSBマイクロを各1系統装備し、iPhoneやパソコンとのUSB接続に対応。最高48kHz/16bitまでのデジタル信号入力に対応しています。ヘッドフォン出力のほか、光デジタル音声(ミニ)出力も装備しています。

バッテリ容量は3,500mAhで、約6時間の連続利用が可能。外形寸法は133.5×67.8×23mm(縦×横×厚み)、重量は234g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る