ハイレゾ対応USB-DAC搭載真空管アンプ「Soundfort Q9」

ハイレゾ対応USB-DAC搭載真空管アンプ「Soundfort Q9」

MJTS株式会社より、ハイレゾ対応USB-DACを搭載した真空管アンプ「Soundfort Q9」を発売されました。

ハイレゾ対応USB-DAC搭載真空管アンプ「Soundfort Q9」

「Soundfort Q9」とは

ハイレゾサウンドと艷やかで温かみのある「真空管」の心地よいサウンドを気軽に楽しめるように、A5サイズのコンパクトなボディに、出力12W×2の真空管アンプと新たに開発したPCM32bit / 96kHzおよびDSD64(*1)に対応する高品位のハイレゾUSB-DACを搭載している真空管アンプです。熟練した日本人設計者による設計とチューニングにより、一般的な真空管アンプと比べて低価格ながら、本格オーディオのサウンドをより身近にお楽しみいただけます。

主な特徴

(1) 低消費電力かつ低価格ながら、高音質を実現
「Soundfort Q9」はアンプの入力部に3極真空管(6C3)を採用し、出力段は音質に定評ある12W×2のパワーアンプICによるハイブリッド構成です。低消費電力かつ低価格ながら、あらゆるスピーカーを充分にドライブする能力を持っています。スピーカー出力はバナナプラグ対応のネジ式ターミナルを採用。さらに、電源部には高級機に採用される音質に優れた「トロイダルトランス」を搭載。クラスを超えた高音質と真空管ならではの艷やかで表現力豊かなサウンドを実現しています。

(2) 「アシンクロナス(非同期)転送モード」を採用
新開発のUSB-DAC部は、USBコントローラーに定評ある「SA9027」を、DACにはTI社製「PCM5102」を採用。16bit、24bit、32bit / 44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHzのPCMおよびDSD64(2.8MHz)ネイティブ再生(*1)に対応しています。さらに、パソコンからのデジタル信号伝送時に生じやすいジッター(信号のゆらぎ)の影響を抑える「アシンクロナス(非同期)転送モード」を採用し、揺るぎない高音質を実現しています。

(3) アナログ接続のほか、PCがない環境でもデジタル音楽の再生が可能
入力は、2系統のライン入力(RCAステレオジャックおよびステレオミニジャック)、PC用USB-miniB端子の他に、USB-A端子、SDカードスロットを搭載。パソコンとのUSB接続はもちろんのこと、ポータブルプレイヤーやCDプレイヤーとのアナログ接続のほか、PCがない環境でもUSBメモリやSDカードに保存したデジタル音楽(*2)の再生も可能。店舗やオフィスのBGMなど様々なシーンでご利用いただけます。
また、500mW×2(32Ω)の高いドライブ能力をもつヘッドホンアンプを内蔵し、真空管ヘッドホンアンプとしてもご利用いただけます。(ヘッドホン出力:6.3mmステレオ標準×1)

製品概要

品名  : ハイレゾ対応USB-DAC搭載真空管アンプ Q9
直販価格: 29,800円(税別)
発売時期: 2014年12月
外形寸法: 幅200mm × 奥行135mm x 高さ90mm
重量  : 約1.7kg
付属品 : USBケーブル
URL   : http://www.soundfort.jp/home/q9/

「Soundfort」について

「音をちゃんと楽しもう。」をコンセプトに、日本人のクラフトマンシップによるこだわりの「高音質・高品質」と、オーディオファンから一般の方まで、より多くの方に気軽によい音を楽しんでいただける「低価格・使いやすさ」を実現するPCオーディオブランド。2014年にMJTS株式会社とDKL Technology社が共同で設立。
ブランド名「Soundfort」の由来は「Sound + Confort」。「心地よい音を楽しむために。音を心地よく楽しむために。」をポリシーに、音楽のある「心地良い時間」を提案していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る