第9回 Arbitrary Time

世界の真空管アンプをまとめた真空管アンプメーカー比較情報を公開!|真空管アンプ情報館

「いま注目すべき国産2ブランドの高性能セパレート・アンプを聴く!! Part3」と題した試聴会「第9回 Arbitrary Time」が、7月21日(祝)、京都にあるミュージックカフェSOENで開催される。参加者も募集中だ。

「Arbitrary Time」は、オーディオ評論家の小林 貢氏と井上千岳氏が主宰するオーディオ試聴会で、二人のオーディオ談義の軽妙なやりとりも楽しめると好評だ。これまで東京での開催が主だったが、今回は京都へ会場を移し、稀少なアナログ音源(ディスク&テープ)や高音質デジタル音源などを織り交ぜ、オーディオデザイン、テクノクラフト・オーディオデザイン2社の新型セパレート・アンプを、ディナウディオのハイエンドスピーカー、Confidence C1 Signatureで聴き込む。

試聴に使われる予定のオーディオデザインとテクノクラフトオーディオデザインのパワーアンプ。

参加申し込みは、下記リンクの告知・申込フォームのページから。京都、大阪のオーディオファンは、ぜひ、参加されてはいかがだろう。

試聴会概要
●開催日時:2014年7月21日(月曜日/海の日 祝日) 15:00~17:30 1部制
●場所:Music Cafe SOEN(〒616-8211京都市右京区常盤御池14-11)
●講師:オーディオ評論家 井上千岳氏、小林 貢氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る