MC200-CDP

ph_MC200-CDP

電源をオンにすると真空管は20秒間予熱され、その後、操作モードに入ります。 MC200-CDは、オリジナルのアナログ信号に、より近い再生音声信号を作ります。その優れた周波数特性処理によって、CD信号の44.1kHzサンプリング周波数を88.2kHzまたは176.4kHzに引き上げます。 アナログ増幅回路としてアメリカ製の真空管 5670管を2個使用、真空管のカップリング・コンデンサはトップレベルのMITが使用されています。またレーザーヘッドにはソニー社製の213Cを採用し、安定したディスクローディング性能を実現。その他、CD4398 D/Aスイッチボックス、サーボ回路にはフィリップス社製SAA7824チップを装備するなど、こだわりが感じられる製品です。

使用球 5670×2 (USA)
オーディオ出力信号 2.3V (±0.5dB)
周波数特性 20Hz ~ 20kHz (±0.5dB)
全高調波歪 0.05%以下
S/N比 110dB以上 (A-weighted)
ダイナミックレンジ 100dB以上
チャンネルセパレーション 98dB(1KHz)
出力レベル 2.5±3db
出力端子 RCA/同軸デジタル
定格消費電力 60W以下
電源 110V±10% 50/60Hz
外見寸法(W×H×D) 430mm×100mm×350mm
(突起部分を含む)
質量 9kg
付属品 リモコン
電源コード
未使用端子用キャップ
取扱説明書(英文)

真空管アンプ ミンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る