MC368-BSE

真空管アンプ、MC368-BSE

MC368-BSEMC368-BSEは、真空管KT-90を使用したプッシュプル動作のメインアンプです。KT-90管のシルクのようなきめの細かさと躍動感は秀逸です。 ウルトラリニア接続とトライオード接続をお好みにより切り替えることができ、音量調整はリモコンで操作可能。電源を入れると音量は自動的にmin.に絞り込まれ、スタンバイ状態(約30秒)になると聞き取れる程度の音量まで自動的に上がります。アンプ本体・スピーカーに負担が掛からない、安心・気配り設計です。

使用球 KT90×4
6SN7×2
12AX7×2
出力 ULTRALINEAR:70W + 70W
TRIODE:40W + 40W
出力インピーダンス 4Ω / 8Ω
周波数特性 15Hz 〜 55kHz (±1dB)
S/N比 89dB以上
入力感度 200mV
入力端子 4系統 [ AUX / CD / TAPE / TUNER]
出力端子 2系統
定格消費電力 205W
電源 115V±10% 50/60Hz
外見寸法(W×H×D) 460mm×3700mm×240mm(端子部分を含む)
質量 28kg
付属品 電源コード
リモコン
未使用端子用キャップ
取扱説明書(英文)

真空管アンプ ミンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る